461DD1F1-95A7-4D9B-A453-97EB1453AC62.jpg
いつもお世話になっている税理士さんとアメーバ経営の勉強会をしました。
弊社は、アメーバ経営を取り入れています。
アメーバ経営とは、京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が、創り出した経営手法です。
JAL再生で有名になったのでご存知の方も多いと思います。

目的は「全員参加経営の実現」
「市場に直結した部門別採算制度」
「経営者感覚を持った人材の育成」
どれも大切ですが、特に全員参加経営が今、とても大事だなと思っています。
結局、ガラス張り経営や人材育成教育などを行っても、同じ船の乗組員〔従業員〕がバラバラに漕いでも、船はまっすぐ走らないしムダに漕いで疲労困ぱい、もしかすると違う方向に行ってしまい、遭難するかもしれません。
まずは、全員参加経営の土台作りが重要かなと思います。それは、経営理念や経営哲学だったりするもので、会社の大小関係なく必要だと思います。

なのでアメーバ経営は経営の1つの手法であって目的ではないということです。
目的は経営理念の成就、経営理念の成就の為に重要な戦略ツールということだと思っています。


by OOTAKA at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。