2015.11.22.

変革活動

イノベーションについて前回書いたので、少しその件について書いてみようと思いました。
ブログに書くことによって、自分の頭の中を整理してみようと思いました。

企業の変革活動について、企業に変革活動が必要なのか必要じゃないのか?ということについて、まずこのいる、いらない論をすることがナンセンスなんだと思います。

この論争が必要な時点でちょっと厳しい感じの企業風土になっているのかもしれませんね。
変化する時は、なんでもギクシャクし居心地の悪いものです。
安定は居心地いいですね。運転でいうと居眠り運転と同じ、運転初心者の頃は、ドキドキ、ハラハラしながら冷や汗で運転していても、慣れてくると安定した直線運転だと眠くなりますよね。
高速道路の様な凄まじい勢いのスピードだと、もしぶつかると大事故です。

企業も安定し凄まじい勢いの直線は居眠り運転する可能性があると思います。
だったら、自らドキドキ、ハラハラすることが大事なんだと思います。
だから、配置転換や編成すると、やり方が変わりギクシャクするんですよね。

そのギクシャクが変化、変革の一歩。
高度経済成長の時代にはみんなが成長できた時代。今は選ばれなけらば成長できない時代。
100点じゃなくてもいいだと思います。
変革の60点、70点は十分合格点なんだと思います。だって他は何もしていないわけなので0点なんですから。

持続的な変革活動をスタートしたことを評価対象にすればいいわけですよね。


by OOTAKA at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。