おかげさまで来年で屋島テニスクラブは40周年を迎えます。
40年と言っても長いのか、短いのかはよくわからないですが、地域の皆様に支えられていることは間違いないので感謝の一言です。

感謝祭を5年ごとに行っていきているので8回目の感謝祭ですね。
10年ごとだったら4回目ですから、イベント、準備を忘れてしまいますね、なので5年おきの方が前回のことをよくおぼえています。

40周年記念のイベントは盛大に行きたいですね!
乞うご期待!


by OOTAKA at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014.11.04.

11月2日

11月2日(日)屋島テニスクラブにて「角陸コーチを偲ぶ会」が行われました。
9月6日(土)午後7時に角陸コーチの訃報を受けてから約2か月弱の月日が流れました。
あまりにも急で、屋島テニスクラブもスタッフも当たり前だったことが当たり前ではなくなった。
この2か月弱の間は、できる限りの状態で維持するのが精いっぱいで、お客様に迷惑をかけてしまったり、期日が間に合わない仕事があったりと気の張った時間でした。
11月2日偲ぶ会を機会に、自分の中でいろんなことを整理整頓することができそうな気がします。

なので偲ぶ会、閉会の挨拶では、心に込み上げることが大きすぎて、まともな挨拶もできませんでした。
大変申し訳なく思っています。

角陸コーチを誘うと断らないので、仕事が遅くなった時とかにラーメン屋さんに寄って帰ったことを思い出します。そこでもテニスか仕事の話をして、「こうしよう!」「こんなことやってみよう!」とか前向きで活力のでる話をよくしました。

入院した時のお見舞いでも角陸コーチは「あと定年まで12年だなー、早いなー」と話し、私も、「今までが駆け足で来たから、少し一旦停止みたいな感じで休暇でもとれば」とこれからまだまだ続くはずであったし、今年もスタッフミーティングで屋島テニスクラブのありたい姿を話し合って「日本一大切にしたいテニスクラブ」を目指そう!と決めたばかり。
そんな矢先のことでした。

私の親友が骨髄性白血病になった時も「この世には神様はいない。」と思ったし、今回もそう思った、
無念で悔しい思い。
私たちがこれからできることは、角陸コーチを忘れないことと、この悔しさをを機にスタッフが一致団結し天国から見ている角陸コーチに今年みんなで目標にした日本一大切にしたいテニスクラブの達成を捧げること。

目を開いて一歩前に前進します。


by OOTAKA at 21:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014.09.11.

記事の削除

先週の木曜日の記事をアップしたことに関して、社内的事情の中、大変不謹慎であったことを深く反省し記事の削除をさせていただきました。

今後のブログ更新につきまして、このようなこと無いように心がけてまいります。
大変申し訳ありませんでした。
by OOTAKA at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
str.jpg


今週末に高松で行われるサンポート高松トライスロン。
今回の大会に私もエントリーしています。ゼッケンナンバー005。
しかし、今大会は残念ながら欠場することになりました。どうしても都合がつかない仕事があり、とても残念なのですが事務局に欠場を申し出しました。

フィンズスイミングスクールを立ち上げて、トライスロンプログラムをスタートしたのが参加のきっかけです。安易に出場を決めたわけではなく、本気でトレーニングもスタートして半年ちょっと頑張りました。
おかげで、体重も10キロくらい減り食生活も気を付けてビールからハイボールに変更。

来年までトレーニングは続けようと思います。
ブログ内でも出場声明をして、色んな方々から応援のお言葉を頂いたのですがどうしても参加できなくなり、申し訳ありません。
次回に向けまた頑張ります!
by OOTAKA at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014.08.21.

あと2週間後

ついに迫ってきました。
9月7日のサンポート高松トライアスロン。
ゼッケン番号は005番。しかも第1ウェーブ。不慣れな競技なので不安や焦りがありますが、1分1秒を争っているわけでもなく、誰に勝ちたいというわけでもないので、自分のペースで参加したいと思います。

約17.18年前に小豆島で行われたトライアスロン参加が最後で、たぶん大会に出ることは無いだろうなと思っていましたが、フィンズスイミングスクールを運営することになり、はじめは半分無理矢理エントリーしました。
まさに、状況の命令。ってことですね。

しかし、トレーニングをはじめて、少しづつ体重も減り、泳ぐ距離、走る距離が長くなり、はじめのころの苦しさは少なくなってきて、トレーニングが少し楽しくなってきました。

バイク練習ができていないのがちょっと不安ですね。
40kmですから、1時間半くらい。
あの前傾姿勢を長時間維持できるかどうか…。
頑張ります!


by OOTAKA at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
昨日、お世話になっている税理士事務所さんのミーティングに参加させていただきました。
ミーティングの内容はフィロソフィ作成会。私どもの会社も現在作成中で先月第一回目のフィロソフィ作成会がありました。

私どものミーティングにオブザーバーとして参加して頂いていますので、私もオブザーバーとして税理士事務所さんのミーティングに参加させていただきました。

参加者の皆さんのミーティング後の感想は、こんな風にまとまっていくんだ。とびっくりした感じと充実感があったようです。
この感想は私たちの時も同じでした。

フィロソフィなので頻繁に変わるものでないですよね。この先何年、何十年と引き継がれていくものなわけですから、言葉の使い方や表現など慎重に慎重を重ねてつくりあげていきます。
1項目つくり終えるのに約1時間くらい要します。

なので終わったあとはもう、クタクタ…。
経営哲学を文面化し日々の指標ができるわけですから、楽しみですし、不安もあります。
でも、始めなければ何も変わらない。
しかし、あって当然の経営哲学が無かったわけで、進んだというよりはスタートラインに近づいたという感じですね。

by OOTAKA at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014.08.11.

全日本ジュニア

いま、大阪の本町にある靭公園テニスコートでは全日本ジュニア選手権が開催されています。
12歳以下からはじまり18歳以下までの2歳刻みのカテゴリーで開催されます。
小学生とか中学生とかいう区切りではありません。

屋島テニスクラブからも四国大会を勝ち抜いたジュニアたちが出場しています。
私も14歳以下で四国から出場しました。
シングルスもダブルスも一回戦負けでした。実は大会に行くまで何の大会かもよく分からないまま出てました…。

ジュニアテニスがそんな感じの時代だったんでしょう。
16歳の時には神奈川県の高校に行ったのでエントリーの仕方もわからず申し込みすらできない状況でした。

今は、ジュニアテニスの盛り上がりも凄くなり、本人以上に親御さんが熱くなっている状況もあります。
親御さんも熱心になっていくことも子供が強くなる要因の一つだと思っています。

幼いうちは自己判断がつかないので、最終的には親御さんが判断がなければ成り立ちませんね。
しかし、私のように全てを親やコーチ任せにしてしまうと、試合の申し込み方法すら知らなかったわけです。

自立と支援のバランスが大切だということですね。
子供がテニス大好き!というのが上達の一番の近道です。これは間違いないです。
テニスが嫌いだったり、興味が失せると上達スピードが一気に落ちます。
これも間違いないです。

屋島テニスクラブのジュニアたちにはテニスが大好きなまま上達たつし大人になって欲しいです。

by OOTAKA at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014.08.08.

八月初

ブログを書き続けてきたんですが、ここ数ヶ月で更新がなかなかできなくなってきてしまった。
忙しいから書けないわけではないような気がします。

8年前にカフェをオープンした時からはじめたブログが、テニスクラブのブログとない、今はスイミングやトライアスロンなど色んなことについて書くことに変化してきました。

ブログをはじめた1番の目的は、ホームページへの連動と誘導。
いまは、スマートフォンとなりブログだけではなく、フェイスブックやツイッター、ライン、インスタグラムなど情報を回遊させるツールがたくさんある。

ツイッターやフェイスブックを重要な広告ツールであるが、あえてブログを残しこだわってみてもいいかなと思っていた自分だけに、更新できなかったのが残念…。

コーチたちも、がんばって書いているので、もう一度トライし直してみようと思っています。
by OOTAKA at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014.07.19.

久々の試合

明日は屋島テニスクラブでプリンスカップが行われます。
実は私も屋島中学同級生チームで参加します!
今年からチーム戦となったプリンスカップ。日本最大の草トーナメントであったプリンスカップがいっきに変化した。

昨年までは男子ダブルス、女子ダブルス、ミックスダブルスと3つのカテゴリーに分かれていましたが、今年からチーム戦になりました。

理由の一つは集客の問題。
かつては日本最大の草トーナメントとして人気大会でしたが、テニス大会が増え、テニス愛好家が大会を選べる環境になり、誰が強いのかという大会の楽しみから、誰と出るかというコミュニティの楽しみ方や、シリアスなものが回避されるようなった。

チーム戦だと試合の一体感や試合前、中、後の楽しみも増える。
勝った負けたという、楽しみにはそれほど重きを置くことがなくなったんでしょうね。

でも、それは供給側の努力不足も大きな要因だと思います。
何回もブログでは書いてますが、テニス界は何十年も前のテニスブームにいまだにあぐらをかいて座ったままなんだと思います。
今日もプリンスさんとお話しをしていて、マラソンは応援者も選手がどこでどんなペースで走っているのかがわかったり、大会写真を個人のスマホに送られたり、前夜祭があったりと楽しんでもらうための工夫があります。

さて、テニスはどうでしょう?
どの大会にでても、それほどびっくりするほどの差はないし、運営側のエゴ満載かもしれません。全てではないですが、多いと思います。

創意工夫、前回よりも今回を良くしようということからはじめないとね。

by OOTAKA at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
イノベーション。ここ数日間、イノベーションって何?って考えてます。
前にも書きましたが、イノベーションって言葉は聞き慣れていても、どういうことかを説明を求められたか、わかりやすく説明することが難しいですよね。

技術革新や新しい切り口などと考えている以上に深く重みのある言葉なのかもしれません。

たぶん、「やめる」「捨てる」勇気も含めてのイノベーションっていう言葉でしょうね、お客様第一の品質向上やサービス向上、けして間違いではないですが、押し付け品質や押し付けサービスならお客様第一とは言えません。

こんなことを言っていた方がいました。
改善はイノベーションじゃない。
改善は答えが明確にあり、イノベーションには答えが明確には見えない。
でも、答えは見えてないがそこに向かう手法はあります。と…。

どちらかというと屋島テニスクラブもオーバースペックなサービス業なのかもしれないと、ハッとしました。
by OOTAKA at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014.07.14.

45歳として

先日、遠方から仲の良かった同級生が帰省したので数人で飲みました。
おっ!久しぶりー変わらないねー。といつもの同窓会と変わらない感じでスタートしました。

おっ!久しぶりー変わらないねーというフレーズで、いつもよりちょっとだけ違和感を感じた。
歳はとったものの確かに見た目は昔と変わらない、でもあきらかに話す言葉の使い方や内容は変わった。

立派な大人だということ。
もっとゆっくりじっくり話をしたいなと思ったし、その変化が嬉しかった。
嬉しかったではなく、頼もしかった。かな。まあ偉そうに私が言うのも変ですね。

同じ同級生でも、個々に会いたいと思うって少ないですよね。
昔話の同級生として会いたいのか、45歳どうしとして会いたいのか。

この差は大きいと思うな。

by OOTAKA at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
4999F783-AC09-4485-A4D0-5FC38D65570D.jpg

屋島テニスクラブとカフェDUCEで野菜と果物の販売にチャレンジすることになりました。
前々からカフェで使っている食材の紹介を含めて販売してみようかと考えていましたが、今回のテニス大会での販売を機にスタートしてみました。

ちなみに今日は、香川産のモモを20箱入れました。
あっという間に売れました。
珍しいというのがあるので、このまま売れ続けるとは思いませんが、良いものが安くあるならいいですよね。

しかも、新鮮で安心して買えたならいいですよね。
次はピオーネかな?香川産のマンゴーもありですね。
8835BCFA-17C5-4EA0-869F-DDFE60927209.jpg
by OOTAKA at 22:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014.07.09.

価値観、温度差

自分の考えや思いを伝えるのって、大変な事なんだと思います。
こうして、このブログに書いていますが、私に考えや思いを伝えようとした人がいて、私に理解してもらえていないな。と思う人のことは、私はわかっていない。

あなたは私の考えや思いを理解してませんよね?と聞ければわかるのですが、そんなことはできませんから、その場の雰囲気や相手の表情や言葉で感じ取るしかできませんよね。

ここ数日はこんなことを思うことが何回かありました。

これが楽しいことならば苦になりませんが、楽しくない時には、ちょっとしんどいですよね。
ようするに価値観、温度差は縮まりそうで縮まらないのかなと思ってしまいます。

なので自分の信念がどこにあって、どれだけ強いのか?
が結局は重要だということですね。

by OOTAKA at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
3C50580F-CBDF-4A3F-8678-AB4E7353D4EA.jpg

昨日、元オリンピック代表の西内プロのバイクメンテナンスとパンク修理の講習がフィンズスイミングスクールで行われました。

さすが、元オリンピック代表。
説得力があります。私がこんな事を言ったり書いたりすることも失礼な話ですよね。

私が今回トライアスロンにチャレンジすることになり1番多い質問というか聞かれることは、なんでトライアスロンなの?大変じゃない?本当にでるの?
ということ。当然ですね。

ようするになんでわざわざ、こんなしんどい競技をするのかわからない。わけですよね。
私もその質問にはっきと明確に答えられなかったのですが、今回の西内プロの講習でこんな話がありました。

ロング、アイアンマンレース(スイム3.9km バイク180kmラン42,195km)中はパンクしたりチェーンが切れることもある、自分で直さなければならない。
早くても7時間、8時間、長い人で17時間のレース、長いと色んなことがあり、色んなことを考えるんです。

もうやめたい!しんどい!
でもゴールした瞬間に全てが弾け飛ぶんです。これはトライアスロンでゴールした人にしかわかりません。

と言われました。確かに!
ゴールした人にしかこのしんどさやチャレンジする気持ちの弾け飛ぶ感覚はチャレンジャーの特権なんですよね。
ここに相手がいないんですよ。対戦じゃない。

仕事も同じですよね
しんどい、やめたい。と思う気持ちありますよね。でもゴールした瞬間に全てが弾け飛ぶ感覚があればいいんですよ。
なければ耐えられませんよね。


by OOTAKA at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
先日からイノベーション、イノベーションと頭の中がいっぱいです。
ドラッカーはイノベーションが仕事がであると言い切ってます。

昨晩は、いつもお世話になっている先生(以前社員研修を行った時の)と夕飯を食べながら色んなお話をしました。
終始、仕事の話でした。
またこれが前向きな話しかないので、あっという間に時間が過ぎます。

楽しい時間ってあっという間なんですよね。つまらない、嫌な時間は長いですよね。
サービス業のイノベーションの大元はこれかな?と思いました。
新しい価値のひとつに、時間を過ごす感覚をいかに短く感じてもらうか。

楽しいと思っていた時間も、同じことの繰り返しだと飽きてくるし、ルーティンワークになってきたら刺激がなくなりますね。

同じものを繰り返えさなければならないものもあります。
例えば、料理の場合は、いつも変わらないこの味。がお客様の満足につながる。
そこに、店員やオーナーとのちょっとした会話や気遣いが新しい価値になるのでイノベーションを起こす事ができます。

今日はお昼ごはんにうどん屋さんに行きましたが、お昼ごはん食べながらここの店のイノベーションってなんだろう?って考えてしまいます。
うどん屋さんって健康話が敵と感じるだろうなー。健康志向のうどん屋さんってあまり見かけないし、身体にいいうどん。っていう看板も見たことないなー。

他人の事業はよくわかるんですが、わが身となると固定化された概念や定例があって気がつかない…。
気がつかないことにどう気がつくか!
がテーマですからね。
楽しいですね。イノベーションって。
by OOTAKA at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。